曲を作ります

新しい曲作りを始めました。
一つの詞からいろいろなメロディーが浮かんできます。
そのモチーフを基に発展させていくのですが、私の得意なジャズのアドリブと似ていてとても楽しい作業であり 半面とても難しい作業でもあります。
作ったその時は「いいなー!」と思っても一夜明けると「なーんだ!こんな変なメロディー」となってしまうことも度々あります。
曲は時代背景や対象となるユーザーのニーズを考えて作りますが また、自分自身が気に入って歌いたくなる曲でなければなりません。
後世に残る感動の名曲作りをしたいと思います。

さあー!心気一転 新年に向けて再スタートしました!

# by nanbunaoto | 2007-12-21 09:19 | Comments(0)

表情と心

人は嬉しい時や楽しい時には笑顔になり、怒った時には怒った恐い顔になります。
人の心はその人を取り巻く環境や状況に影響され表情や態度となって表れます。
でも、逆に楽しくない時でも笑顔を作ってみると、以外や以外、なんだか楽しい気持ちになってくるではありませんか!
「逆もまた真なり」
何時も笑みを湛えた人はとても魅力的ですね。
是非習慣付けるようにしたいと思います。

# by nanbunaoto | 2007-12-20 09:38 | Comments(0)

年賀状

今年も もう残すところあと僅かになってきました。
本当に一年って早いですねー!
「気がついたら師走になっていたー・・・・」
今、年賀状を必死に書いています。  今年は約2000数百枚を出します。
来年の年賀状の言葉ははもちろん「盛春」です。
一枚一枚に感謝の心と願いをこめてコメントを書いています。

「もういくつ寝るとお正月・・・」
この歌を口ずさむと幼い頃の思い出が蘇えってきます。
元旦に父や母、そして祖父母からもらうお年玉が楽しみで そしてそれを持っておもちゃ屋さんにかけ込んだあの頃が走馬灯のように想いだされます。

「気がついたらこんな年になっていたー・・・・」
盛春歌っていいですねー!

# by nanbunaoto | 2007-12-19 18:10 | Comments(0)

「叶う」ということ

坂爪和尚の著書「和尚の書いたいい話し」の中にこんな事が書いてありました。

「叶う」とは物事が成就する事で、その為に人間は必死で努力します。
「叶う」とは口に十と書くが、十は沢山を意味します。
だから何回も口に出す事で夢が叶うということです。
ただ単に唱えるだけではいけない。単に覚えるだけではいけない。
その内容を心と体に深く刻み込まなければならない。
そうすれば自然と願いが成就するものである。
子供の頃自転車に乗った人はたとえ40年乗っていなくても乗る事ができる。
それは体が覚えているからである。
一日の初めに心を一つにして大きな声で唱和する。
日々繰り返す事で 必ず成就すると信じ 心と体に深く刻み込め。

早速今日から始めたいと思います。

# by nanbunaoto | 2007-12-18 09:19 | Comments(0)

再会

昨日10数年ぶりに昔よく一緒にゴルフをした友人の小林さんに会いました。
先週突然電話が入り久しぶりに会おうと言う事になったのです。
そして珈琲を飲みながら昔話で盛り上がりました。
また彼は私と同じくギターが大好きで、ギター談義にも熱が入りました。
そしてもう一つビックリした事は私のブログを毎日欠かさず熱心に見てくれていることでした。
私の最近の活動もよく知っていてくれましたし、本当に嬉しくなってしまいました。
昨日はたくさんの激励をいただきとても勇気付けられました。
彼も今は住宅のリフォームビジネスで大変成功しており年輪を重ねた笑顔はとても素晴らしく輝いていました。
再会できて本当に良かった!

今週も張り切って頑張りましょうね。

# by nanbunaoto | 2007-12-17 10:47 | Comments(0)