人気ブログランキング |

2015年 07月 18日 ( 1 )

私のバンド昔話ー第8話ー

30年前のことになりますが、あの時の事は鮮明に覚えています。
それは、私が始めてバンド意外の仕事で、しかも生命保険営業と言う形の無い商品を初めて買って頂いた時のことです。
それは、以前私のバンドマスターだったNさんが、私と女房を呼び出し「これからはバンドの時代では無くなる。この仕事をしっかりやれ。いいか!会社の奴らにバンドマンだとバカにされないように、この金を持って行け!一目置かれるだろうから。」
そして、何と現金で1000万円渡して下さったのです。
なんと言う思いやりのある行動でしょうか。
私は本当に有り難く、このお金で一時払い養老保険に入ってもらいました。
渡された現金1000万円を大切に風呂敷に包み、ハラハラドキドキしながら、会社に持って行ったのを今でも鮮明に覚えています。
それからと言うもの、私はどんなことが有っても、必ず目標の成績はやりあげて行く習慣を身につけて行きました。
そして1年後、夢に描き続けた運命の給料日がやって来たのです。
当時は、給料はまだ現金支給でしたので、職員の人達は給料日になると、封筒に入ったお金を貰います。
私は、入社する前に聞いた100万円の話が本当かどうか半信半疑だったので、それほど気にはしていませんでしたが、私が内勤に呼ばれ渡された封筒はやたらと厚く、恐る恐る覗いて見ると、なんと一万円のお札がいっぱい入っているではありませんかは!
やったー!!
あの話しは本当だったのです。
バンド稼業は、入った店によっては、常に引っ掛かったりして、損ばかりしていたものですが、仕事をやった分だけ必ず貰えるこの仕事に、その時改めて驚きと感動を覚えました。
バンド時代は、当たり前のことが当たり前ではなかったのですから。(笑)

この続きはまた明日!

昨日は本牧のゴールデンカップに行き、エレキ仲間と演奏を楽しみました。
私のバンド昔話ー第8話ー_e0119092_10321788.jpg

私のバンド昔話ー第8話ー_e0119092_10324858.jpg

by nanbunaoto | 2015-07-18 09:41 | Comments(0)