人気ブログランキング |

2012年 08月 17日 ( 1 )

ラジオ日本収録

昨日はラジオ日本のレギュラー番組「突撃日本の歌道中」の収録に池袋まで行ってきました。

ゲストに来てもらった中里アミさんです。
e0119092_16541484.jpg

同じくゲストシンガーの あすかるうみ さん。
e0119092_1656119.jpg

3週分録りましたが、久しぶりに私の生ギター演奏でジャズを歌い演奏しました。

最後の声を張るところでムセてしまい大笑い!

これがまた面白くて良い!と言うことでOKをもらい続行。

収録を終わってから、今度は永田町へ。

アライアンスグループの荒井社長のスピーチレッスンを受け診断をしていただきました。

来月から毎週、個人レッスンを受け、より説得力のあるスピーチが出来るよう勉強します。


さあ!夏休みの9連休も残すところあと3日。

アッと言う間でしたが毎日充実した日々を送りました。

今日は久々に予定は入れていませんので、家でギターの練習をしながら、パソコンで色々と情報を見ています。

9月7日発売の私のCDアルバムも完成間近です。

バラエティーに富んでいて、聴いていても飽きの来ないアルバムです。

そして8日は私のバースデーライブ。

既に満席の状況ですが、これ以上申し込みが増えた場合は、昼の部も行い2回公演にすることも検討しています。

外は真夏の太陽がギラギラと照りつけ気温は30度を超えちょっと外に出かける気にもなりませんね。

しばらくは、ギターを弾きながら、作曲もやろうかなと思います。


         「カラオケワンポイント講座」 (九頭竜の流れ 実践編)

「九頭竜の流れ」は多くのカラオケリクエストがあり、人気曲となりましたが、この曲は最初は皆さんに「難しい歌ですね」と言われました。

しかし時が経つにつれて、多くの方々がチャレンジしていただくようになりあちこちのカラオケ大会でも歌われるようになりました。

確かにこの歌は一般的な演歌と比べると曲調が異なります。

雄大な川の流れを歌った人生歌なので、スケール感があり歌いがいがあります。

ですから、あるレベル以上の実力のある方々がこの「九頭竜の流れ」をこよなく愛してくれるのだと思います。

さて、それでは先ず出だしのところですが、「水激しく動けば岩をも砕き谷をも作る滝鳴り怒涛の如し」の部分の歌い方は、私の場合はたっぷりと息をお腹にたくわえ(あまり吸いすぎてもだめですが)ゆったりと言葉を噛み締めるように歌います。

そして、「水ー激しく動けば」まで一息で歌い息つぎをし、「岩をーもー砕き」と歌いますが、「岩をーもー」のところは息をお腹から勢いよく吐き出す感じで圧力を加えます。

腹筋を使って「フッ!フッ!」と空気を口から勢いよく出す言う練習をして見るのもいいですね。

この時、決して100パーセントの力では無く、80パーセントで抑えるのがポイントです。

そうしないと、音程や表現力がコントロール出来なくなるからです。

そして、「谷をーもー作るー・・・」と来て、「滝鳴りー怒涛の響きー」と歌うのですが、「滝鳴りー・・・」では、低音域でもありますので、滝の部分は声の重心を思い切り下に下ろすような意識で滝鳴りの地響きが聞こえるような感じを出します。

と言うことで今日はこの辺で、また次回続きをやりましょうね。

何度も繰り返し練習をしてみてくださいね。

それではまた明日!

by nanbunaoto | 2012-08-17 13:21 | Comments(0)