人気ブログランキング |

2008年 04月 10日 ( 1 )

おふくろの想い出

私が小学生の時、スキーが大好きでした。
とは言っても、福井の足羽川の堤防から50メートルくらい滑り降りたり、空き地に滑り台を作ってその上から滑り降りるだけのほんのお遊びのようなスキーですが。
当時の福井は毎年、軒下まで雪が積もるほど、冬はいつも大雪でした。(現在はそれほど雪も降らないようです)
その頃、私はいつも母に「本当のスキー場に連れて行ってよー!」とせがんでいました。
しかし、体が弱いながらも、毎日仕事をしている母は、気持ちはあっても体が言う事を聞かないため、なかなか「うん!」と言ってくれなかったのです。
ところがある日「スキー場に連れて行ってあげる」と言ってくれたのです。
私はもう有頂天になりスキーの板を抱えて大喜びしました。
そして、当日、大雪降りしきる中を母と二人でハーハー!と息を切りながら山を登って行きました。
途中で、肺の病気を患ったことのある母は、息が苦しくなり、何度も立ち止まって休んでいました。それでも母はまた立ち上がり、黙ってスタート地点に向かってくれたのです。
私はそんな母の手を引き、時間をかけやっと何とか頂上までたどり着く事が出来ました。
私は今でもその時のことを思い出すと、あのときの光景が目に浮かび涙が止まらなくなります。
あの日、私の願いをなんとか叶えてやろうと、病弱な自分の体を犠牲にしてまでも、雪の降りしきる険しい山を歩いて登ってくれた母の気持ちが、何十年経った今でも本当にありがたく嬉しいのです。
母は4年前に肺炎でこの世を去りましたが、わたしの一番の母の想い出はこの日の母の姿です。

今日は、生涯忘れる事のできない優しい母の想い出を書きました。

お母ちゃんありがとう・・・・・合掌

by nanbunaoto | 2008-04-10 12:52 | Comments(0)