人気ブログランキング |

2008年 04月 08日 ( 1 )

道元禅師の言葉

「身をけずり、人に尽くさんすりこぎのその味知れる人ぞ尊し」
これは曹洞宗の開祖、道元禅師の言葉です。
釈迦が示した「慈悲」、キリストが伝える「愛」、孔子が言わんとした「仁」、これ等のすべてに共通する教えの根元的精神は、「いかに自分以外の人間の幸福を優先させて考えてあげられるかどうか」ということではないでしょうか。
私のような凡人には、なかなか常にこのような気持ちを持ち続け、いろいろな場面において実際に全てをそのように行動することは難しいのです。
しかし、良く考えてみるとビジネスの場面においても、相手の為にどのようにしてあげたら満足して喜んでくれるか、をトコトン考え行動した人が結果的に成功しているのです。
また、「物質優先」の考え方を続ける限り本当の幸せはやって来ません。

昔、ポール牧さんがテレビの対談でこのような話しをされていたことをふと思い出しました。

by nanbunaoto | 2008-04-08 10:15 | Comments(0)