人気ブログランキング |

シリーズ/ギター独りよがりーその1ー

今日から「ギター独りよがり」のシリーズを始めます。
なぜかと言うと、ギター弾きは、けっこう孤独者が多いからです。
他の楽器はよく知りませんが、何せ、黙ってもくもくと弾くのがギターリストです。

私がギターを始めたのは中学2年生のころ、ベンチャーズが流行りだして、町の電気屋さんでテケテケサウンドが激しく鳴り響き、それまで習っていたバイオリンを手放し、親に内緒でエレキギターを買いました。
バイオリンをやっていたせいか、わりと早くにギターが弾けるようになり、中学の先輩のバンドに参加させてもらったりしているうちにすっかりエレキの若大将気分に浸っていました。
当時は私の兄もポップスに興味を持っていて、ビートルズや映画音楽などを小さな蓄音機で聴いたり、少ない情報をかき集めて楽しんだりしていました。
当時はバンドの譜面もまともなものは殆どなく、いい加減な譜面で悪戦苦闘していたものです。
教育熱心で堅物な両親だったものですから、見つかるとこっぴどく怒られ、何度もレコード盤を取り上げられたり、割られたりと、スリルのある毎日でした。
しかしながらも、ギターが好きで好きでならないものですから、親が家に帰る前に練習して、足音が聞こえると大慌てで隠し、勉強をしているふりをする!
ある日、夢中になりすぎて、足音に気付かず見つかってこっぴどく叱られ、ギターを取り上げられてしまいました。
がっかりした私は、仕方なく友達の家へ家出。
こんな青春の思い出が懐かしく脳裏をよぎります。

今日はここまで。
続きはまた明日!

e0119092_12332621.jpg

by nanbunaoto | 2017-02-01 12:33 | Comments(0)