人気ブログランキング |

福井から帰って来ました

昨日の朝新幹線で福井に向かい午後1時半頃に福井放送に入りました。
そして「南部直登の九頭竜散歩道」の番組収録を行いました。
4週分録るのですが今回は5月と6月の分です。(隔週の土曜日17時からの放送にないます)
今回は九頭竜川のサクラマスを長年研究し保護活動を行なっている天谷さんをお迎えしお話しを伺いました。
サクラマスは清流にしか住まない魚でフライフィッシングやルアーによる釣りだけが許されています。
日本で初めてサクラマス釣りが始まったのは1980年の終わり頃で九頭竜川は全国で最も有名なサクラマスの泳ぐ川だそうです。
全国各地からフィッシャーマン達が九頭竜川に集まり30回通っても一匹しか釣れないこのサクラマスに夢と情熱を燃やしているそうです。
そして今まで40万匹の稚魚を放流し続けてきたそうです。

さて、「母さんの記」エピソードその4をこれからお話しします。

母からバイオリンを買い与えてもらった私は、とても厳しいN響出身の先生につきバイオリンを習い始めました。
 また私は 母が唄ってくれる歌が大好きでした。
そして私の我がままなおねだりもいつも真剣に聞いてくれたのです。
そんなある日 私は大好きなおもちゃを家の近所のおもちゃ屋さんで見つけ、母を無理やり連れて行きました。
そして このおもちゃをどうしても買って欲しいとせがんだのです。
そうすると母は買い物籠から薄い財布をそっと取り出し恐る恐る中を覗いたあと、目を閉じた母は何も言わず私の手を握り静かに首を横に振ったのです。
そんな母の姿を見て私は心の中で「ごめんねお母ちゃん・・」とつぶやき、作り笑顔で一人走って家に帰りました。
遅れて家に戻って来た母は「さっきはごめんね。もうちょっと待っていなさいね。我慢の出来る子が本当に偉いんだよ。」と私を慰めてくれました。
その日の夕飯の食卓には何故か母は自分の分は置いてなく「今日は身体の具合が悪いから・・」と言って食べなかったのでした。
そしてしばらくは母のおかずだけが何故か少なかったのです。
(本当は 母はわたしが欲しがっていたおもちゃを買うために僅かな食費さえも節約してくれていたのです)
その後しばらくして、雪の降りしきるクリスマスの朝 目が覚めると枕元にそのおもちゃが置かれていたのです。
私は布団にもぐり思い切り泣きました。

良い週末をお送り下さいね。
サヨナラ!サヨナラ!サヨナラ!

by nanbunaoto | 2009-04-24 15:46 | Comments(0)