背中の扉

人は断崖絶壁に立たされたときに真の力を発揮すると言われています。
例えば「火事場の底力」もその例でしょう。
要するに自分の持てる力以上のものを発揮するには、もう後戻りできない状況を作ること、「背中の扉をしっかりと閉めて戻れないと言う意識を強く持つこと」だと思います。 
これは「本気」と言う事です。
自分自身の心に何度も何度も言い聞かせ強い暗示をかけて一日をスタートしましょう!

# by nanbunaoto | 2007-10-02 09:27 | Comments(0)

毎日新聞社取材

今日の午後にワクイ音楽事務所内にて毎日新聞社の取材がありました。
私の盛春歌に対する思いをたくさん語らせて頂きました。
きっと良い記事を書いてもらえると思っています。   感謝

# by nanbunaoto | 2007-10-01 18:53 | Comments(0)

NHKのど自慢が放映されました

昨日午後12時15分からNHK「のど自慢」が放映されました。
そして「盛春歌」を歌った小野寺さんがなんと!合格の鐘を高らかに鳴らしたのです。
思わず「やったー!」と感激の雄たけびを上げてしまいました。
嬉しいですねー!
これからもたくさんの人に「盛春歌」を元気に歌っていただき「そうだ!そうだ!」の盛春の「雄たけび」をあげて日本中を元気にしてもらいたいです。

# by nanbunaoto | 2007-10-01 09:40 | Comments(0)

成功は成長の果実

この言葉は本当にしみじみと実感します。
人間はあさはかなもので、少し上手く行ったからと言って横柄な態度で他人を見下したり、自分があたかも他の人達を養ってやっているんだ、などと大きな勘違いをし会社や家庭で威張ったり、結局その結果取り返しのつかないような不祥事や失敗を起こし社会や家庭からつまはじきされるようになってしまう例は多く有ります。
それはすなわちその人自身の成長が無いままに、名声やお金を手にしてしまった為に起こる必然的なことなのです。
大切な家族を失ったり、借金を苦に自殺に追い込まれたりするのも自分自身の人間的な成長をおろそかに考えて生きてきた結末です。
私自身も今までに嫌と言うほどいろいろな苦い経験を味わってきました。
お蔭様で今では、どんな場合にでも常に謙虚で他人に感謝をする習慣が身に付きました。
(でも、まだまだ未熟ですが。)

さあ、今日も自分自身の魂を磨きましょう!

# by nanbunaoto | 2007-09-29 15:39 | Comments(0)

勇気

人間は生まれた時から自己防衛本能を持っているものです。
これはあらゆる危険から自分を守るために備わっているものだと思います。
しかしこの自己防衛本能が時として勇気のある行動を邪魔するのです。
でもこれは思い切って飛び込んでみるとなんでもないことがわかるものです。
そしてこれが経験となり次からは何でもなく出来るのです。
頭であーだこーだ考えないで、先ずは行動すること。
そして沢山の新しい経験体験を積んで行くことだと思います。
人は人によって磨かれて行きます。
「神様はその人に不可能な試練は決して与えない」と言う話を以前聞いたことがあります。
ですから感謝の気持ちを忘れずに勇気を持って行動して行けば行くほどその人の魂が磨かれ
夢が叶っていくのだと思います。
さあ!今日も勇気を持って頑張りましょう!

# by nanbunaoto | 2007-09-28 09:41 | Comments(0)