10人10色

私の作品の歌を歌うと、10人が10人感じ方が微妙に違います。
それは当たり前のことですが、メロディーについてはあまり変らないのですが、歌詞についてはそれぞれの生きてきた環境やその人の考え方により変ってくるのです。
言葉一つにしても好き嫌いがありますし、向いている方向が違うことにより、興味の大きさが違うのです。
ですから、歌う立場の私としては大いに迷うのです。
皆さんの言われることはすべて一理がありごもっともなことでよく理解できます。
でも、作品にするのはどれか一つを選択しなくてはなりません。
あっちが立てばこっちが立たず・・・・・
私としてはやはり、歌詞・メロディー・アレンジ・歌唱力・等のバランスを考えたうえで、トータルな完成度を高め、納得の行くものを作りたいと思っています。

# by nanbunaoto | 2008-06-11 09:46 | Comments(0)

今日はG1ライブ

今日は館内のG1(ジーワン)でライブを行ないます。
この店のオーナーの高橋ママはとても明るく元気で気さくなママです。
いつもお店では帰りがけにお客様にお新香(ぬかづけ)をお土産に渡します。
毎日とても大変な仕事ですが続けていらっしゃいます。
今日は大いに盛り上げてお客さんに喜んでいただこうと思います。
やるぞー!!

# by nanbunaoto | 2008-06-10 16:11 | Comments(0)

andrea bocelli(アンドレア ボチェッリ)氏の歌

アンドレア・ボチェッリはイタリアのテノール歌手で私がとても尊敬している歌手です。
彼は6歳でピアノを始め音楽の道に進むものの12歳の時にサッカーボールを頭に受け脳内出血を起こし失明しました。
障害を乗り越え、法学博士号を取得し弁護士として活躍していたが、歌手になる夢は捨てきれずにいました。
その後、世界的なテノール歌手であるルチアーノ・パバロッティとイタリアを代表するロック&ポップス歌手のズッケロ(Zucchero)に見い出され1994年にデビューしました。
1994年のサンレモ音楽祭新人部門で優勝し、アメリカン及びイタリアン・ポップス、カンツオーネの名曲を歌い大ヒットしました。
とてもハートのある、そして表現力抜群の歌唱は私の手本としています。
彼の歌う歌はジャンルを問わず全て自分の世界に引き込み魅了します。
いつも車の中で聴いていますが、彼の唄う歌から新しい曲の作曲イメージも浮かんできます。
一度聴いてみてくださいね。

# by nanbunaoto | 2008-06-09 10:48 | Comments(0)

今日は「ふるさとの会」

今日はお昼から中華街のレストランで克舟さんの故郷北海道の「ふるさとの会」がありゲスト歌手として参加します。
皆さんに喜んでいただけるようがんばって来ます。

一日一生。 
毎日のひたむきな積み重ねが長年の間に自分の信用を築くものです。
また、たった一度の不誠実がそれまでの信用を全て無くします。

# by nanbunaoto | 2008-06-08 09:05 | Comments(0)

日生グランプリ

昨日は台場のホテルグランパシフィックにて毎年恒例の「日生グランプリ表彰式典」が開催され招待者に選ばれ行って来ました。
全国から集まった日生の仲間1100人が生き生きとした笑顔で表彰されました。
5万数千人いる日生の営業及び管理職員の中の特に優秀な成績を修めた人達ですから、パワーがみなぎっています。
私は入社3年目から連続で招待表彰者として参加しています。
そして、懇親会ではサプライズショーとして元ラッツ&スターの鈴木雅之さんのステージがあり盛り上がりました。
彼のトークはなかなか素晴らしいものがあり、ユーモアも交えながらのショーはとても勉強になりました。
一泊し今日は朝からオフィスに戻りこれから譜面を書きます。
レコーディングの日程も決りましたので最後の詰めの作業です。

頑張りまーす!

# by nanbunaoto | 2008-06-07 10:45 | Comments(0)