人生のテーマ

15歳の重度脳性麻痺の少年が、その短い生涯の中でたった一遍、命を絞るようにして書き残した詩です。

ごめんね おかあさん ごめんね おかあさん ぼくが生まれて ごめんなさい
ぼくを背負うかあさんの細いうなじにぼくは言う 
ぼくさえ生まれなかったら かあさんのしらがもなかったろうに
大きくなった このぼくを背負って歩く かなしさも
「かたわな子だね」とふり返る つめたい視線に 泣くことも ぼくさえ生まれなかったら
ありがとう おかあさん ありがとう おかあさん 
おかあさんがいるかぎり ぼくは生きて行くのです
脳性麻痺を 生きて行く やさしさこそが美しい
そんな人の生き方を教えてくれた おかあさん おかあさん 
あなたがそこに いるかぎり            小嶋勇氏の「素敵な言葉集」より


僕は「YK会」という落語家の桂小金治さんを中心としたチャリティーゴルフコンペにもう20年近く入っていて、毎年12月のクリスマスの近くなった日にメンバーの人達と一緒に、重度の障害者の施設に慰問に行き、楽器を演奏し歌いプレゼントを渡し、施設の子供たちと一緒にひと時を過ごすのですが、体の不自由な彼らの一生懸命に生きる姿を見ているといつも私達のほうが励まされるのです。  感動に涙します!
 健常者で生まれてきた自分がいかに恵まれているか、あらためて親に感謝します。
ですから、日常の生活での不平や不満を持つなんて絶対にありえないのです。
健康で働けることに感謝し 世の中に少しでもご恩返しの出来るようにいつも一生懸命に働きます。
元気の出る「盛春歌」を懸命に歌うのも、少しでも皆さんに喜んでいただき笑顔になってもらいたいからです。
来年も再来年もずーっと「盛春歌」を歌っていきます。
そしてまた 新しいメッセージソングも作って行きます。
これが自分に与えられた使命だと思っています。

最後になりますが、今年一年間 未熟な私を応援いただき 本当に有難うございました。
来年2008年が皆様にとりまして幸多き年になりますことを心からお祈りいたします。


  

by nanbunaoto | 2007-12-28 10:26 | Comments(0)

感動の話し

恵ちゃんは、近所の人たちも、みんな感心するほどよい子でしたが、大学の入試に失敗してしまいました。みんなから「良い子」「良い子」と言われてきただけにショックが大きく食べ物ものどを通らず、自殺まで考えたそうです。「恵、おいで」お父さんにそう言われた恵ちゃんは、お父さんの前に正座しました。しかし、顔をあげることもできません。
そんな恵ちゃんに対するお父さんの言葉は「恵、おめでとう」という力強い声でした。あまりに思いがけない言葉に、恵ちゃんが思わず顔を上げたとき、「恵、おめでとう。お父さんも今までにいろんな失敗をしてきた。でもそれは、いくらお金を積んでもいくら望んでも得られない失敗を尊い神様が、お父さんの一番の問題点を涙ながら教えてくださっているのだと信じて、それらの失敗を大切にしてきた。そして、この失敗のおかげでと言えるようになるまで頑張ってきた。恵、いくらお金を積んでもいくら望んでも得られない、この度の失敗、どうか生涯大切にするんだよ」「それといっしょに・・・」とお父さんは姿勢を改めました。お父さんが、いちばん大切なことを話すときの、いつものくせです。そしてお父さんはこう言いました。「それといっしょに、自分が得意の絶頂に立ったとき、どこかで泣いている人がいるということを考えられる人間になってくれ」素晴らしいお父さんをもった感激で、恵ちゃんの失敗のショックは吹っとんでしまいました。

素晴らしい話しですね。
なんだか 僕も勇気が湧いてきました。

by nanbunaoto | 2007-12-27 13:44 | Comments(0)

「素敵な言葉」

私の恩師である日能研理事長の小嶋勇さんが毎年ご自分で集めた素敵な言葉を冊子にして親しい人たちに配ってくれます。
その中から今日はいくつかご紹介させていただきます。

* 親孝行した人は子供に大切にされ、親不孝した人は子供に粗末にされる。
* 体が冷えると病気になり、心が冷えるとやる気が無くなる。
* 鏡は先に笑いません。批判によって人間の能力はしぼみ、励ましによって花開く。
* 成功とは、情熱を失わずに失敗を重ね続ける事である。
* これまでの人生で経験した逆境、トラブル、障害の全てが私を強くした。
* 「幸福な貧乏人」もいれば「不幸な金持ち」もいる。結局は自分が置かれた状態の中で幸せ
は作り出すことが出来る。

本当にそうですねー!一つ一つの言葉が心に沁みこんできます。

また明日!

by nanbunaoto | 2007-12-26 09:28 | Comments(0)

クリスマス

昨日57回目のクリスマスイブを過ごしました。
昨日は13時半から坂本九ファミリーの「ママセフィーユ」コンサートに行き柏木由紀子さんと花子ちゃん舞ちゃんの3人の素晴らしい感動のステージを見、そして聴きました。
前回のコンサートにも行きましたが、今回は更に素晴らしくお芝居有り、中学生の合唱隊とのコラボレーション有りでとても努力のあとが見られました。
柏木由紀子さんとは、九ちゃんの飛行機事故の後、保険のことでお世話したのがきっかけで以降お付き合いをさせていただいています。
また私の「盛春歌」の発表のパーティーにも発起人として参加して頂きました。
そして最後に唄った歌で「こころの瞳」と言う歌があったのですが、この歌は九ちゃんが亡くなる前に作った作品ですが心に響くとても良い歌でした。
是非自分でも歌いたいと思います。

夜は「ミッキー安川」さんのディナーショーにゲスト出演してきました。
そしてそのあと赤坂の「エルカミーノ」と言うライブハウスに行き「ザ・ゴールデンカップス」のマモルマヌー氏のライブを聴き、飛び入り参加し楽しんできました。

音楽をやっているお蔭でとても楽しいクリスマスイブを過ごせました。

by nanbunaoto | 2007-12-25 09:22 | Comments(0)

曲を作ります

新しい曲作りを始めました。
一つの詞からいろいろなメロディーが浮かんできます。
そのモチーフを基に発展させていくのですが、私の得意なジャズのアドリブと似ていてとても楽しい作業であり 半面とても難しい作業でもあります。
作ったその時は「いいなー!」と思っても一夜明けると「なーんだ!こんな変なメロディー」となってしまうことも度々あります。
曲は時代背景や対象となるユーザーのニーズを考えて作りますが また、自分自身が気に入って歌いたくなる曲でなければなりません。
後世に残る感動の名曲作りをしたいと思います。

さあー!心気一転 新年に向けて再スタートしました!

by nanbunaoto | 2007-12-21 09:19 | Comments(0)

表情と心

人は嬉しい時や楽しい時には笑顔になり、怒った時には怒った恐い顔になります。
人の心はその人を取り巻く環境や状況に影響され表情や態度となって表れます。
でも、逆に楽しくない時でも笑顔を作ってみると、以外や以外、なんだか楽しい気持ちになってくるではありませんか!
「逆もまた真なり」
何時も笑みを湛えた人はとても魅力的ですね。
是非習慣付けるようにしたいと思います。

by nanbunaoto | 2007-12-20 09:38 | Comments(0)

年賀状

今年も もう残すところあと僅かになってきました。
本当に一年って早いですねー!
「気がついたら師走になっていたー・・・・」
今、年賀状を必死に書いています。  今年は約2000数百枚を出します。
来年の年賀状の言葉ははもちろん「盛春」です。
一枚一枚に感謝の心と願いをこめてコメントを書いています。

「もういくつ寝るとお正月・・・」
この歌を口ずさむと幼い頃の思い出が蘇えってきます。
元旦に父や母、そして祖父母からもらうお年玉が楽しみで そしてそれを持っておもちゃ屋さんにかけ込んだあの頃が走馬灯のように想いだされます。

「気がついたらこんな年になっていたー・・・・」
盛春歌っていいですねー!

by nanbunaoto | 2007-12-19 18:10 | Comments(0)

「叶う」ということ

坂爪和尚の著書「和尚の書いたいい話し」の中にこんな事が書いてありました。

「叶う」とは物事が成就する事で、その為に人間は必死で努力します。
「叶う」とは口に十と書くが、十は沢山を意味します。
だから何回も口に出す事で夢が叶うということです。
ただ単に唱えるだけではいけない。単に覚えるだけではいけない。
その内容を心と体に深く刻み込まなければならない。
そうすれば自然と願いが成就するものである。
子供の頃自転車に乗った人はたとえ40年乗っていなくても乗る事ができる。
それは体が覚えているからである。
一日の初めに心を一つにして大きな声で唱和する。
日々繰り返す事で 必ず成就すると信じ 心と体に深く刻み込め。

早速今日から始めたいと思います。

by nanbunaoto | 2007-12-18 09:19 | Comments(0)

再会

昨日10数年ぶりに昔よく一緒にゴルフをした友人の小林さんに会いました。
先週突然電話が入り久しぶりに会おうと言う事になったのです。
そして珈琲を飲みながら昔話で盛り上がりました。
また彼は私と同じくギターが大好きで、ギター談義にも熱が入りました。
そしてもう一つビックリした事は私のブログを毎日欠かさず熱心に見てくれていることでした。
私の最近の活動もよく知っていてくれましたし、本当に嬉しくなってしまいました。
昨日はたくさんの激励をいただきとても勇気付けられました。
彼も今は住宅のリフォームビジネスで大変成功しており年輪を重ねた笑顔はとても素晴らしく輝いていました。
再会できて本当に良かった!

今週も張り切って頑張りましょうね。

by nanbunaoto | 2007-12-17 10:47 | Comments(0)

南部直登IN札幌

昨日は小雪降る中「ホテルモントレエーデルホフ札幌」で本間会主催のクリスマスディナーショーに出演してきました。
本間さんは日本生命のトップセールスレディーで常にベストテンに入っている素晴らしい方です。
彼女を応援する会が「本間会」と言い100名を超えるメンバーが彼女の為に応援活動をしています。
メンバーのほとんどは中小企業の経営者でこの会を通じて異業種交流をしビジネスの発展にも繋げているのです。
本間さんはとても気遣いがありまた行動力も抜群で強い信念を持った心優しい方です。
同じMDRT(世界100万ドル円卓会議)のメンバーで17年前から親しくしており一緒に世界大会にも出かけたりしました。
そんな彼女は、私の北海道の応援団長でもあります。
心強い仲間に支えられとても幸せです。
昨日は107名の方々が集りとても楽しく盛り上がりました。
盛春歌を歌ってくれた方もいてまた「盛春の輪」が広がりました。
充実した一日でした。

by nanbunaoto | 2007-12-15 13:42 | Comments(0)